読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

read the atmosphere

気候変動と科学と社会

IPCC研究

IPCCではどういう場合に「可能性」スケールを使うことになっているのか

・はじめに:「可能性」表現を調整するというアイデア 先日あるところで気候変動に関する政府間パネル(IPCC)評価報告書*1の「可能性」スケールについて話題になっていたのを見かけたのだが、すこし気になることがあった*2。 可能性という考え方を、わたした…

〈メモ〉IPCCの2つの不確実性メトリクス

「可能性はゼロではない」といった表現が混乱を招く問題、IPCC第5次報告書が非常に良い統一基準を作っていたので、これを参考にすると良いと思った。可能性が1%未満の場合は「ほぼあり得ない」で統一してる。 pic.twitter.com/y8IPfrEFXm— 大貫剛 (@ohnuki_t…

〈論文メモ〉Collins and Nerlich(in press)How certain is 'certain'?

Luke C. Collins and Brigitte Nerlich (In press) How certain is ‘certain’? Exploring how the English-language media reported the use of calibrated language in the Intergovernmental Panel on Climate Change’s Fifth Assessment Report. Public U…

〈メモ〉"Potential Study of the IPCC Process"について・続

昨年10月に、IPCCへの社会科学者による参与観察に関するガイドライン制定について取り上げた。IPCC総会は、この件に関して科学運営委員会を設立することを決め、2015年2月にIPCC外部の専門家による会合[Expert Meeting]を実施することになっていた。 *"Pote…

〈メモ〉"Potential Study of the IPCC Process"について

先日Natureのwebサイトをブラウズしていて、とある記事(Tollefson 2013;Hulme and Mahony 2013)を見つけた。2013年10月17日付のTollefson 氏の記事は、その週に開かれたIPCCの第37回総会(2013年10月14-18日)にて、社会科学者によるIPCCへの参与観察の申し…

〈論文メモ〉Agrawala(1998)Context and early origins of the intergovernmental panel on climate change

Agrawala, S (1998) Context and early origins of the intergovernmental panel on climate change. Climatic Change 39, 605–620 1. Introduction2. The Context3. Genesis of the IPCC 3.1. AN IMMEDIATE RESPONSE: THE ADVISORY GROUP ON GREENHOUSE GAS…

〈記事メモ〉Stocker and Plattner(2014)Rethink IPCC reports

Thomas F. Stocker and Gian-Kasper Plattner (2014) Rethink IPCC reports. Nature, VOL 513, 11 SEPTEMBER 2014, 164-165 THE GROWING BURDEN TWO OPTIONS Extend the cycle and reduce parallel efforts Cut across working-group boundaries CAREFUL EVO…

〈論文メモ〉Patt(2007)Assessing model-based and conflict-based uncertainty

Anthony Patt (2007) Assessing model-based and conflict-based uncertainty. Global Environmental Change, 17: 37–46 1. Introduction2. Model-based uncertainty, conflict-based uncertainty, and the IPCC3. Multiple views on decision-making under u…

〈論文メモ〉Hulme and Mahony(2010)Climate change: what do we know about the IPCC?

Hulme,M. and Mahony,M. (2010) Climate change: what do we know about the IPCC?. Progress in Physical Geography, 34(5): 705-718 〈註〉IPCCに関するこれまでの研究をまとめたレビュー論文。IPCCを主として知識のアセスメントに関する社会科学的な論点…

〈論文メモ〉Agrawala(1999)Early science—policy interactions in climate change:lessons from the Advisory Group on Greenhouse Gases

Agrawala S,1999, Early science-policy interactions in cmate change: lessons from the Advisory Group on Greenhouse Gases. Global Environmental Change 9: 157–169. 1. Introduction 2. Two advisory models from the global climate regime 3. Clima…

〈記事メモ〉Rodhe(1991)Bert Bolin and his Scientific Career

Henning Rodhe, 1991, Bert Bolin and his Scientific Career. Tellus B, vol.43, Issue 4, p.3-7 バート・ボリンは1925年5月15日、スウェーデンのニーショーピングで生まれた。彼の両親はどちらも教師だった。ウプサラ大学の気象学コースで学んだ父に触発さ…

〈書籍メモ〉〈Image Politics of Climate Change〉The Colour of Risk: An Exploration of the IPCC’s “Burning Embers” Diagram

今年4月に出た"Image Politics of Climate Change"のchapter 2に収録されている論文だが、以下に示す論文の再掲になっている。 Mahony,M. and Hulme,M. (2012) The colour of risk: an exploration of the IPCC’s ‘burning embers’ diagram Spontaneous Gene…