読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

read the atmosphere

気候変動と科学と社会

書籍メモ

2016年読んだ本から10冊

・2016年読んだ本から10冊 ポパーとウィトゲンシュタインとのあいだで交わされた世上名高い一〇分間の大激論の謎/ ちくま学芸文庫 (2016) 街の人生/ 勁草書房 (2014) リヴァイアサンと空気ポンプ――ホッブズ、ボイル、実験的生活/ 名古屋大学出版会 (2016) プ…

〈書籍メモ〉Howe(2014)Behind the Curve — Science and the Politics of Global Warming [Chapter2]

Joshua P. Howe (2014) Scientists, Environmentalists, and the Global Atmosphere. Behind the Curve — Science and the Politics of Global Warming. Seattle: University of Washington Press, pp. 44-66. [Chapter2] The multiple deaths of the SSTThe…

〈書籍メモ〉カーオ(2015)20世紀物理学史[24章と25章]

第24章 固体物理学の諸要素. pp.471-488. in ヘリガ・カーオ(著), 岡村拓司 (監訳), 『20世紀物理学史 (下)』. 名古屋大学出版会, 2015. 第25章 物理工学と量子エレクトロニクス. pp.489-503. in ヘリガ・カーオ(著), 岡村拓司 (監訳), 『20世紀物理学史 (下)…

〈書籍メモ〉Christie(2001)The Ozone Layer[Chapter4]

Maureen Christie (2001) Chapter 4 The Supersonic Transport (SST) debate. "The Ozone Layer: A Philosophy of Science Perspective". Cambridge University Press. Cambridge. pp.23-28 4章はふたたび成層圏オゾン科学の研究の歴史。といっても話の軸に…

〈書籍メモ〉Christie(2001)The Ozone Layer[Chapter1 & Chapter2]

Maureen Christie (2001) Chapter 1 Introduction. "The Ozone Layer: A Philosophy of Science Perspective". Cambridge University Press. Cambridge. pp.1-7. Maureen Christie (2001) Chapter 2 Stratospheric ozone before 1960. "The Ozone Layer: A P…

〈書籍メモ〉Christie(2001)The Ozone Layer[Chapter3]

Maureen Christie (2001) Chapter 3 Chlorinated fluorocarbons. "The Ozone Layer: A Philosophy of Science Perspective". Cambridge University Press. Cambridge. pp.17-22. 3章はフロンの発明について。この話は詳しくは知らなかったけど、エピソードと…

〈書籍メモ〉アシモフ(1965:2010)化学の歴史 第3章と第4章

アイザック・アシモフ 著 , 玉虫 文一 翻訳 , 竹内 敬人 翻訳 (1965:2010) 化学の歴史. ちくま学芸文庫, 336 pp. 1章 古代 2章 錬金術 3章 転換期 4章 気体 5章 原子 6章 有機化学 7章 分子構造 8章 周期表 9章 物理化学 10章 合成有機化学 11章 無機化学 12…

〈書籍メモ〉秋元 肇(2014)大気反応化学 第1章

秋元 肇 (2014) [朝倉化学大系 8] 大気反応化学. 朝倉書店, 432pp. 1 大気化学序説 2 化学反応の基礎 3 大気光化学の基礎 4 大気分子の吸収スペクトルと光分解反応 5 大気中の均一素反応と速度定数 6 大気中の不均一反応と取り込み係数 7 対流圏反応化学 8 …

〈書籍メモ〉島並 良,上野 達弘,横山 久芳(2014)特許法入門

島並 良, 上野 達弘, 横山 久芳 (2014) 特許法入門. 有斐閣, 442pp. 第1章 特許法への招待 第2章 特許発明 第3章 発明者 第4章 特許取得手続 第5章 異議・審判・審決取消訴訟 第6章 特許権 第7章 権利の活用 第8章 権利侵害 去年の末に出た特許法の教科書。…

〈書籍メモ〉藤田慎一(2012)酸性雨から越境大気汚染へ

藤田 慎一 (2012) 気象ブックス036 酸性雨から越境大気汚染へ. 成山堂, 146pp 第1章 アルカリ産業の勃興 第2章 降水化学のあけぼの 第3章 深刻化する大気汚染 第4章 酸性雨問題の始まり 第5章 東アジアの酸性雨 第6章 環境問題の質的変化 第7章 越境大気汚染…

〈書籍メモ〉リヴィングストン(2014)科学の地理学 場所が問題になるとき

デイヴィッド・リヴィングストン:著, 梶 雅範・山田 俊弘:訳 (2014) 科学の地理学 場所が問題になるとき. 法政大学出版局, 310 pp. ISBN978-4-588-37120-2 C1020 第1章 科学の地理学はあるか 第2章 現場――科学の発生地 第3章 地域――科学の諸文化 第4章 流…

〈書籍メモ〉The Creation of Global Imaginaries: The Antarctic Ozone Hole and the Isoline Tradition in the Atmospheric Sciences

Sebastian Grevsmühl, 2014, The Creation of Global Imaginaries: The Antarctic Ozone Hole and the Isoline Tradition in the Atmospheric Sciences, in Birgit Schneider and Thomas Nocke (eds.), Image Politics of Climate Change, Transcript Verlag…

〈書籍メモ〉〈Image Politics of Climate Change〉The Colour of Risk: An Exploration of the IPCC’s “Burning Embers” Diagram

今年4月に出た"Image Politics of Climate Change"のchapter 2に収録されている論文だが、以下に示す論文の再掲になっている。 Mahony,M. and Hulme,M. (2012) The colour of risk: an exploration of the IPCC’s ‘burning embers’ diagram Spontaneous Gene…

〈書籍メモ〉〈Simulating Nature〉第3章 科学シミュレーションの不確実性の分類わけ

Chapter 3: A Typology of Uncertainty in Scientific Simulation 3.1 Introduction 3.2 Locations of Simulation Uncertainty 3.3 The Nature of Simulation Uncertainty 3.4 The Range of Simulation Uncertainty 3.5 Recognised Ignorance in Simulation …